代表の想い

- 代 表 の 想 い -

明 日 が く る 保 証 な ん て な い

-2011年3月11日-
この日、私の人生を変える大きな出来事になった「東日本大震災」がありました。
それ以降、私の出身地である東北地方の宮城県は『被災地』のひとつとして、皆さんに認識されるようになりましたね。
当時、この東日本大震災では実家が被災し、大切な友人、財産、思い出など、多くのものを失いました。
 
しかし、私は多くの人に支えられ、励まされたことで、悲しい現実を受け入れて乗り越えることができたのです。
私はこの経験から「明日、自分が元気に生き ている保障はどこにもないんだ…。」と思ったのと同時に、
「自分が生きている間にどれだけの人と関わることができるのだろう。」と考えるきっかけになりました。
 
それから、ご縁があって静岡県に越してきましたが、はじめは知り合いも友達もおらず、何も変わらない日常を過ごしていました。変わり映えのない日常にモヤモヤしながら、生活していたとある日のこと。
 
たまたま知り合った友人S君が「何か新しいことをしてみない?」と僕に声をかけてくれたのです。
これまで、アイデアがひらめいても、どこかで「本当にできるのだろうか?」と
自分自身にブレーキをかけていたように感じましたが、その一言が僕のブレーキを外してくれることになりました。
思い立ったらまずは行動あるのみ!ということで、
イベントサークル名は 、似たような意味合いをもつ〈 SOON 〉にしようか!と、意外にもあっさり決まったのを今でも覚えています。笑
当時はまさかここまで多くの方にイベント活動に関わっていただけるとは思ってもいませんでした。
それから多くの失敗を経験しましたが、それ以上に成長できているとも感じるようになり、考え方も、より前向きな捉え方になりました。
 
例えばイベントを企画する時「できるか?できないか?」ではなく、できる前提で『どうしたらいいか?』と考えるようになったのです。
イベント活動に関わってくださるみなさんのご協力もあって、最近はすこしずつ「楽しい場所」が形になってきたのかなと思います。
SOONイベントに参加すれば、日常ではない非日常の雰囲気を楽しむことができて、
思いもよらないサプライズ(驚き)があって、ワクワクする。
こんな風に言ってもらえたり、思ってもらえるようになってきたようです。
 
僕自身、たくさんの素敵なご縁がありました。
イベントの企画も運営も一人ではできません。
参加されるみなさんがいて、手伝っていただける協力者がいて、はじめてイベントという場が成り立つと思っています。
これからもSOONイベントに関わっていただけることに感謝を忘れず、みなさんがやりたいことを形にするお手伝いをさせていただきます。
まずはやってみよう!と行動したことが今のイベントをはじめるきっかけになって、
たった一人との出逢いから、ぼくの人生の物語は加速してきたように感じます。
みなさんにも必ず人生を変える『きっかけ』と『出逢い』はあるはずです。
まだ わからない先の未来を変えるかもしれない、
SOONイベントサークルに、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。
楽しい時間をみんなと一緒にシェアしましょう。
 
さあ、ワクワクしよう。

森 千 春